小児科|千葉県いすみ市|外房こどもクリニック




トップページ   >>   クリニックについて   >>  院長あいさつ

クリニックについて

院長あいさつ

子どもと家族の健康のために

院長  黒木 春郎

inchou.jpg当院は子どもと家族のためのクリニックです。
子どもの病気の治療、家族の健康管理のお手伝い、子育ての悩みの相談などを通して、地域の皆様の健康のために働きます。

例えば、子どもは急に熱を出します。大きな問題ではない場合もありますが、重い病気の始まりのこともあります。
また、子どもの一見些細な訴えの中に、大きな問題が潜んでいることもあります。大人から見ればたいしたことではないようでも、子どもにとっては深刻な場合もあります。

当院では、具体的に以下のような場合への対応を行っています。

1.急性の病気

感冒(風邪)、腹痛、発熱、不機嫌など。
はっきりした症状でなくても、いつもと違うと感じたら当院へご相談ください。

2.慢性の病気

気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などアレルギーの病気は乳児期でも発症します。当院では早期からの正確な診断に基づく治療を行います。また、他院で管理中の慢性疾患をお持ちの方の日常診療を、当院で担当することもできます。

3.日常生活の中から

子どもの夜泣き、便秘など、一見些細なことも家庭生活、子どもの生活に大きな支障を来すことがあります。また、昼間の眠気、落ち着きがない、急に性格が変わった、などの中に、問題が隠れていることもあります。当院ではこうした日常生活上の事柄への対応もいたします。

4.予防医療

ワクチンによって防げる病気は、ワクチンの予防接種を受けましょう。当院では適切な時期でのワクチン接種スケジュールを提案します。また、海外渡航を予定される方へも対応しています。

5.発達相談

子育ての悩み全般に対応いたします。
例えば、乳幼児の生活リズムについて、離乳食の進め方、排泄トレーニング、発達上の不安など。また、就学後の学校への不適応、発達的・心理的な問題など。必要に応じて更に専門性の高い医療機関をご紹介します。

 

 

小児医療の充実は、地域のみなさまと共に育てるものと考えています。
どうぞお気軽にご来院、ご相談ください。

 

平成23年3月6日
医療法人社団 嗣業の会
外房こどもクリニック
院長  黒木 春郎