小児科|千葉県いすみ市|外房こどもクリニック




トップページ  >>  医療従事者の皆様へ  >>  書評:「西洋医が教える、本当は速効で治る漢方」井齋偉矢著

医療従事者の皆様へ

書評:「西洋医が教える、本当は速効で治る漢方」井齋偉矢著

2014/06/24

「サイエンス漢方処方が日本の医療を飛躍させる。」 

肺炎を治癒させるものは抗菌薬ではない。抗菌薬は細菌を死滅させるが、肺炎を治癒させるものではない。肺炎は宿主の免疫能により治癒に至る。著者、井齋偉矢氏の主張である。原則通りの発言で、筆者も同意する。そして、「肺炎の治療に抗菌薬」という考えの中に西洋医学の限界がみられる。感染症の発症と治癒過程はあくまでも生体と病原体の相互作用である。漢方薬は宿主の免疫能に関与する薬剤である。井齋氏は<炎症><微小循環障害><水分代謝>をkey wordsとして漢方薬の機序を説く。基礎的知見と実践に即した説得力のある記載である。井齋氏は講演で漢方薬の適応となる症状を、日常的な言葉で解説されている。東洋医学の語彙を使用しないで漢方薬を使用できる方法を提示されている。
「東洋思想を切り捨てることで漢方は飛躍する」、井齋氏は断言する。しかし、井齋氏は漢方薬の背景となる東洋思想に精通していることを、筆者は付言しておく。
漢方とは現在の西洋医学の確立するはるか以前より続いてきた東アジア伝統医学が日本で発展したものである。この伝統医学と西洋医学が統合されていることが日本の医療の優位点である。本書には井齋偉矢氏の考えと実践が凝縮されている。すべての臨床医に読んでいただきたい著作である。適格な漢方処方が広がることが日本の医療の質をあげることにつながる。 

井齋偉矢.png

井齋偉矢.西洋医が教える、本当は速効で治る漢方.SBクリエイティブ㈱.2014.5.25発行