小児科|千葉県いすみ市|外房こどもクリニック




トップページ  >>  医療従事者の皆様へ  >>  既視夢のYVR ― アメリカ小児科学会2014に参加して

医療従事者の皆様へ

既視夢のYVR ― アメリカ小児科学会2014に参加して

2014/06/30

Vancouver国際空港(YVR)では巨大なトーテムポールに迎えられる。北米の伝統文化の再現である。トーテムポールは現代作家の作であり、美しく彩色され、きれいにまとまっている。Vancourver国際空港は、天井が高く採光がよく、適所に植物と水の流れが配置されて、気持ちの良い空間である。しかし、私はこのトーテムポールにある違和感を持った。この感触はなんであろうか。トーテムポールはカナダ先住民族の文化である。現在のカナダ(ないし北米大陸)は200年ほど前にヨーロッパからの移民により設立された国家であり、それまでこの土地に住み固有の文化を育てていた先住民族は殲滅されたのである。アメリカのインディアン、オーストラリアのアポリジニー然りである。トーテムポールは殲滅された先住民族の文化である。彼らはどこへ行ったのか?先住民族の伝統文化は現在の北米大陸には、そのままの形では存在しない。殲滅されたのちに、新たにやってきた支配者により再現されたわけである。国際空港にも、ホテルにも、コンベンションセンターにも、先住民族文化は紹介されている。観光土産にも多く見られる。しかし、先住民族がこの地でどのような歴史をたどったかについては言及されない。「再現」された文化は、空港の土産物屋に陳列される。
同じ感覚をどこかで持った。我々の身近にあるものである。北海道では土産物にアイヌの熊野木彫りがある。アイヌ民族はどこに行ったのか、今でも熊を狩り、木彫りをしていると言うのか?虐殺された民族は消える。文化の一部は虐殺した相手によりきれいに再現され、観光土産として陳列される。
クレオール文学のパトリック・シャモワゾールは消えた民族の歴史を記録する。巨大資本のうねりのなかに、多くの伝統文化は消えてゆく。資本はその後に伝統文化を観光土産に再現する。観光客の笑顔の中に、虐殺の記憶は存在しない。

5月2日から6日までバンクーバーvancuoverで開催されたアメリカ小児科学会に参加した。WEBによる小児科外来の事故調査の演題が採択されたためである。主任研究者は齊藤匡氏(多古中央病院小児科 自治医大卒)、共同研究である。小児科診療所での医療事故(neat missも含め)を継時的に全国調査し、結果を随時参加施設へfeed backするものである。調査参加者の多くは一般小児科の開業医である。開業医の参加する臨床研究がアメリカの学会でも認められたことは、我々の医療のレベルが認められたことでもあり、また自分の参加する学会活動(日本外来小児科学会)の力量も蓄積された証左である。医療事故という題材を、行政の視点ではなく、現場から報告し解析したものである。
現場からの情報発信が、我々自身の伝統と文化を消さないことになる。