小児科|千葉県いすみ市|外房こどもクリニック




トップページ   >>   こんなときどうしたらいいの?   >>  百日咳Q&A

こんなときどうしたらいいの?

百日咳Q&A

どのような症状ですか?
百日咳菌の感染によって起こります。
年齢と過去の予防接種歴によって症状が異なります。
潜伏期間は7-10日程度で、典型的には
(1)カタル期(かぜのような症状が1~2週間続く)
(2)痙咳期(咳き込み後にヒューという笛声を伴う咳などがあり、2~6週間持続する)
(3)回復期に分けられます。
全経過は概ね2~3ヶ月で、発熱はほとんどありません。
重症になることがありますか?
生後6ヶ月未満児ではしばしば重篤となります。
合併症としては肺炎、痙攣、脳症などがあります。
3種(DPT)混合ワクチンを接種してあってもうつりますか?
うつります。
(1)年長児~成人やワクチン接種児では、特有の発作性咳嗽がなく、 かぜにしてはしつこい咳であることが多いと言われています。
(2)低月齢乳児では、咳などを伴わずに無呼吸、痙攣といった形で発症することがあります。
どのように診断するのですか?
百日咳を強く疑わない限り確定診断は難しいです。
(学童以上であれば、しつこい咳が1か月くらい続き自然に終息することが多いです。)
持続する咳嗽があって喘息発作などの他の原因がない場合 かつ百日咳の流行がある場合などは、百日咳の可能性を疑う必要があります。

確定診断のための検査
(1)培養検査(鼻の奥に細い綿棒を挿入します。結果には1週間程度かかります。)
(2)LAMP法(培養検査と同様の方法で検体を取ります。休日、祝日等がなければ最短3日で結果がでます。当クリニック以外では専門病院などでしか取り扱っていません。)
(3)血液検査(抗体と言う免疫反応をみる方法です。通常は2回の採血が必要になるので、診断が確定するのに2,3週間かかります。)
治療はどのように行いますか?
抗生物質を服用します。
6ヶ月未満児や重症の百日咳患者以外では外来で治療可能です。
接触者はどうしたらいいですか?
医師にご相談ください。
家族など長時間かつ濃厚に接触した場合は、症状がなくても抗生物質を予防的に服用することがあります。
いつから登校できますか?
学校保健安全法には特有の咳が消失するまで出席停止(ただし、病状により感染の恐れがないと認められたときはこの限りでない) とされています。 通常、抗生物質服用後5日を経過していれば感染力はないと考えられます。